バターと砂糖がジュワ!シュガーバターレーズンパンの作り方

レーズンをたっぷり入れた生地のうえに、バターと砂糖を乗っけて焼いた、シュガーバターレーズンパンのレシピです。

しっとり柔らかな生地に、たっぷりのレーズン。砂糖のシャリッとした食感と、バターの風味が合わさった味が大好きで、結構な頻度で焼いてます。

レーズンパンが好きな方には、満足してもらえるのではないかと思うので、是非一度作ってみて下さい。

シュガーバターレーズンパンの作り方

生地を捏ねて、発酵させて、成形して焼くので、焼き上がるまで大体3時間ぐらいかかります。

動画で観たい方はこちら

シュガーバターレーズンパンの材料(6個分)

生地

  • 強力粉 200g
  • 砂糖 20g
  • 塩 3g
  • 無塩バター 15g
  • 牛乳 140ml
  • ドライイースト 3g
  • レーズン 80g

トッピング

  • グラニュー糖
  • バター
  • 卵液

レーズンはオイルコートされてないものを使ってますが、少しふやかすためにお湯に通して使ってます。

パンの上にかけるグラニュー糖は、多めにした方が美味しいです。小さじ1ぐらいかけちゃいましょう。成形は今回楕円にしましたが、丸形にするなど、お好みの形に成形楽しんで下さい。

1、レーズンをお湯に通して、少し柔らかくします。

2、水を切って、しっかり水分を取っておきます。

3、ボールに強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れます。

4、3に牛乳を注ぎ入れます。

5、ゴムベラで混ぜます。

6、1つにまとまったら、台の上に出して捏ねていきます。

7、表面がつるんとしてくるまで捏ねたら、バターを加えます。

8、表面がなめらかになるまで、しっかりと捏ねます。

9、生地を広げて、レーズンを乗せます。

10、パン生地とレーズンが馴染むまで、しっかり混ぜ込みます。

11、乾燥しないようにラップをして、約2倍の大きさになるまで一次発酵させます。

12、一次発酵終わった状態です。

13、ガスを抜きながら、優しく丸めます。

14、スケッパーで生地を6分割します。

15、生地を丸め直します。

16、ベンチタイムを15分取ります。

17、麺棒で生地を丸く広げます。

18、手前1/3を折り、奥から折り返して、しっかり閉じます。

19、両端もギュッと閉じて、楕円形に成型します。

20、6個成型できたら、クッキングシートを敷いた天板に並べて、30~40分ぐらい二次発酵させます。

21、二次発酵が終わった状態がこちら。

22、ナイフで真ん中にクープを入れます。

23、卵液を塗ります。

24、クープにバターを乗せます。

25、グラニュー糖をたっぷりと振りかけます。

26、200℃のオーブンで約15分焼きます。

27、焼きあがったら、クーラーの上で荒熱を取って完成です。

実食

荒熱が取れて1、2時間後ぐらいに頬張ると、最高に美味しいです。

ふんわりしっとりとした生地に、シャリっとしたグラニュー糖の食感と、溶けたバターの香り。そして、たっぷり入ったレーズンの味わいがたまりません。

今回6分割しましたが、ついつい手が伸びて気が付いたら…なんてことになりかねないので、食べ過ぎにはお気をつけ下さいー。