サクッ!モチッ!白玉粉でつくるポンデケージョのレシピ

もともとはブラジル生まれのパンですが、今は日本のパン屋さんやコンビニでも普通に並んでいるポンデケージョのレシピをご紹介します。

本場ではタピオカ粉で作られることが多いみたいですが、今回はスーパーで手に入る白玉粉をベースにしたポンデケージョの作り方です。

材料を混ぜて焼くだけ。外側はサックリ、中はもっちもちのチーズパンです。簡単に作れるので、是非一度作ってみて下さい。

ポンデケージョの作り方

作り始めてから、焼き上がりまで、大体40分ぐらいです。焼き時間を抜かせば、作業するのは実質10分ぐらい。難しい作業も全くありません。

動画で観たい方はこちら

ポンデケージョの材料(12個)

  • 白玉粉100g
  • 薄力粉15g
  • パルメザンチーズ(粉チーズ)50g
  • 卵1個
  • オリーブオイル15g
  • 牛乳 50g

どれもスーパーで買えるものばかりなので、材料を揃えるのも簡単。白玉粉を砕くのが手間ですが、あとは混ぜて、分割して焼くだけです。

白玉粉をジップロックに入れて、麺棒を押し付けて粉々にします。

粉々にした白玉粉をボールに移し替えます。

薄力粉、パルメザンチーズ(粉チーズ)、卵、オリーブオイルを加えて混ぜ合わせます。

大体混ざったら、牛乳を加えて粉っぽさが無くなるまで、混ぜます。

ひとまとまりになったら、ラップに包んで10~20分ぐらい休ませます。

12分割してピンポン玉サイズに丸めます。

クッキングシートの上に乗せ、180℃で20分焼いて出来上がりです。

実食

外側はさっくり、内側はもっちもち食感のポンデケージョ。手で割ると、フワッと漂うチーズの香りが食欲を誘います。

味見味見とパクパク食べてたら、気付くと一人で12個完食してました…。一度作って、味に納得できたら、倍量で作ってみて下さいね。