【簡単】ふんわりモチモチ食感!フォカッチャのレシピ、作り方

焼きたてのフォカッチャは凄く美味しいのに、作り方は本当に簡単です。

ちょっといい加減に作っちゃっても、上手く捏ねられなくても、何だかんだ美味しく焼き上げることが出来ます。

パンづくり初心者の方でも、作りやすいですし、スーパーで手に入る材料だけで作れるのも魅力です。

フォカッチャの作り方

発酵時間があるので、作り始めてから焼き上げるまで大体2時間半ぐらいかかります。でも、作業する時間は実質30分ぐらいです。

動画で観たい方はこちら

フォカッチャの材料

生地

  • 強力粉250g
  • 塩5g
  • 砂糖8g
  • ドライイースト4g
  • オリーブオイル20g
  • 水160ml

トッピング

  • オリーブオイル適量
  • ローズマリー(無くても大丈夫)
  • 岩塩(普通の塩でもOK)

発酵が終わった生地に、オリーブオイルを塗って、ちょっと塩を振るのがフォカッチャの基本になります。

塩の替わりにクレイジーソルトを使ったり、お好みでローズマリーを加えたり。また、フォカッチャの穴に、オリーブやソーセージを入れるなんていうのも美味しいです。

いろいろアレンジは出来ますが、はじめてフォカッチャを作るなら、まずはシンプルにオリーブオイルと塩だけで作ってみて下さい。

生地づくり

水以外の材料を全部ボールに入れます。

ドライイーストをめがけて水を入れます。

捏ねて全体がまとまったら、ボールから出して生地を捏ねていきます。

大体10分~15分ぐらい捏ねていきます。

表面がつるんと滑らかになればOKです。

ボールにいれて、乾燥しないようにラップをして一次発酵へ。

大体2倍の大きさまで膨らめばOK。(レンジの発酵機能35℃で30~40分ぐらい)

パンづくりの一番の手間が捏ね作業です。慣れれば10分ぐらいですが、初めてだと15分ぐらいかかるかなと思います。

発酵は、レンジの発酵機能を使っています。発酵機能がない場合は、暖かい場所に置いておきましょう。

ホームベーカリーがある方は、上記工程までは自動ですね。

ガス抜き~2次発酵

パンチをしてガスを抜きます。

ボールから取り出して、丸め直したら、乾燥しないように濡れ布巾をかけて、ベンチタイム10分とります。

その間に型にオリーブオイルを塗っておきます。

ベンチタイムが終わったら、型に入れて押し広げます。

大体2倍の大きさになるまで二次発酵。(レンジの発酵機能35℃で30~45分ぐらい)

一次発酵が終わったら、ガス抜きをして、一度丸め直します。表面が張るように丸めて、ベンチタイム10分。

オリーブオイルを塗った型に入れて、型に合わせて押し広げます。今回は20×20×5cmの型を使いました。

型が無ければ、天板に直接広げても大丈夫ですが、横に流れてしまうので高さは出ません。

乾燥しないように、濡れ布巾を被せて二次発酵させます。

成型~焼き

オーブンを200℃に予熱スタート。

そして、二次発酵が終わった生地に、刷毛でオリーブオイルを塗っていきます。

指にオリーブオイルをつけてズボズボと穴を開ける。(型の底に届くぐらい深く指を入れて大丈夫)

軽く塩を振る。

ローズマリーやソーセージ、オリーブなどをトッピングします。今回はローズマリーです。

180℃に下げて30分焼成。

焼き色、焼き時間は、オーブンによって結構変わってくるので、様子を見ながら焼いて下さい。

焼き終わったら、型から外して、網の上で冷まします。

実食

オリーブオイルの香りと、ほどよい塩加減で、いくらでも食べられちゃいます。パン屋さんに売ってるフォカッチャは、なぜかイマイチなことも多いですが、焼き立ての味はやっぱり格別です。

分量的にはパン1斤分になるのですが、本当にペロッと食べれちゃうので、食べ過ぎには気をつけて下さいね。

乾燥しないようにしっかり密封して保存しておけば、翌日も美味しく食べられます。トースターで温め直してもGoodです。