濃厚ソースにカリカリベーコンをトッピング!マカロニチーズのレシピ

濃厚ソースにカリカリベーコンをトッピングしたマカロニチーズ

アメリカの家庭料理の定番、マカロニチーズ(mac&cheese)を作りました。

たっぷりのチーズとバター、牛乳でつくるソースに、マカロニを絡ませるシンプルな料理です。濃厚でクリーミーな食感と、コクのあるチーズの味がたまらないレシピです。

今回は、カリカリに焼いたベーコンとパン粉をトッピングして、クリスピーな食感も楽しめるようにしてみました。

カロリーを考えずに、濃厚なマカロニチーズを味わいましょう!

マカロニチーズの作り方

マカロニを茹でている間に、ソースを作り、絡めるだけです。30分もあれば作ることができます。

動画で観たい方はこちら

マカロニチーズの材料

  • ベーコン 50g
  • 生パン粉 15g
  • マカロニ 150g
  • 牛乳 400ml
  • 無塩バター 25g
  • 薄力粉 18g
  • レッドチェダーチーズ 70g
  • モッツァレラチーズ(ステッペン) 30g
  • 塩 少々
  • 白胡椒 少々
  • ナツメグ 少々
  • 乾燥パセリ 少々
  • オリーブオイル

マカロニチーズは、家庭料理なので作り方のバリエーションがとても豊富です。

茹でてないマカロニを、そのまま牛乳で煮込むやり方もありますが、個人的に茹で汁を流してから作る方が好みなので、マカロニは茹でてからソースに絡めてます。

今回使用したチーズは、レッドチェダーチーズモッツァレラチーズ(ステッペン)です。チェダーだけでも、入手しやすいミックスチーズを使っても大丈夫です。

あと、普通はマカロニ(エルボ)を使うのですが、今回は貝殻の形をしたコンキリエを使いました。

1、ベーコンをみじん切りにします。

2、フライパンにオリーブオイルをひき、ベーコンを炒めます。

3、ベーコンからいい感じに脂が出てきたら、生パン粉を投入します。

4、カリカリになるまで、じっくり炒めます。

5、ブロックのチーズを使う場合は、チェダーチーズとモッツァレラチーズをチーズグレーターでおろしておきます。

6、沸騰したお湯に塩を加え、マカロニを投入します。

7、チーズと絡めるときに、また火が入るので、表示の茹で時間より1~2分早めに茹で上げます。硬さはお好みで調整してみて下さい。

8、鍋にバターを入れます。

9、溶けたところに薄力粉を入れます。

10、バターと薄力粉が混ざったら、火を止めます。

11、室温にしておいた牛乳を3~4回に分けて、ダマにならないように混ぜていきます。

12、1回目に牛乳を入れて混ぜたところです。

13、これが2回目を混ぜたところです。

14、3回目は完全に液体です。

15、牛乳を全て加えたら、塩、白胡椒、ナツメグで味付けをします。このあと少し煮詰まるのと、チーズの塩分もあるので、味薄いかなぐらいが丁度良いと思います。

16、中火にかけ、トロっとしてくるまで加熱します。

17、火を止め、チーズを加えます。

18、チーズが溶けるまで混ぜます。

19、溶け切ったら、茹でおいたマカロニを入れます。

20、チーズソースをしっかり絡めます。

21、少し温め直してから器に盛りつけます。

22、カリカリに炒めておいたベーコンとパン粉をトッピングします。

23、乾燥パセリを振りかけて完成です。

実食

とろっと濃厚なチーズに、カリっとしたベーコンとパン粉の食感がいい感じです。

グラタンよりも濃厚な分、たくさん食べるとくどくなってきますが、マカロニチーズの一口目の美味しさのインパクトは強烈ですね。

ただ、冷めると一気に美味しくなくなるので、熱々をフーフーしながら食べてください。先に洗い物を…なんてしてると、悲しい結果になるので、全部そのままにして、先に食べ尽くしましょう!

マカロニチーズを作るのに使用した材料と道具

今回、このマカロニチーズのレシピで使用した具体的な商品の紹介です。もちろん、ここで紹介するものでなくても大丈夫ですが、材料や道具を買い足す際に、参考にしてもらえればと思います。

食品

レッドチェダーチーズ
三祐
モッツァレラチーズ(ステッペン)

道具

チーズグレーター(おろし器)
SUNNEX(サネックス)
グリーンパン キャセロール 蓋つきウッドビー ホワイト 20cm
グリーンパン(Greenpan)